不安や疲れを感じた時の、シンプルな思考法

シンプル思考

自分らしさを愛するあなたへ

 はじめましての方へ
 ⇩
 プロフィールはこちら

やらされているガマンが、苦しさを生む…


なるべく外出しないようにすることも
食料やら日用品を家族に必要なだけ補充しながら生活することも
会いたい人に会えないのも
仕事が思うようにいかなくて収入が減って不安なことも
家に誰かいるから1人の時間が作れないことも
1日献立のことばっかり考えていることも

もうがんばる・ガマンの意識じゃ

自己犠牲的なガマンじゃ、耐えられない時がやってくる。


機嫌が爆発するかもしれないし
身体に症状が出るかもしれない。
(蕁麻疹とか腰痛とか…感情を抑える癖がある方は特に身体に出やすい)

言われるがままに従っている意識だと
残ったエネルギーが誰かを責めることにしか使われなくなることもある。


逆に自分のことだけ考えて自由ぶっていても
あなたのココロにある不安に嘘はつけない。

自由だと強がっていても、
不安はじわじわ広がっていく。

受動態の世界から、能動態の世界へ


もし、心に不安や疲れがあることを感じたら
まずは、そんな気持ちで「ある」ことを認めてあげて
身体をよしよししてあげてほしい。

少し落ち着いてきたら、次に、ココロのベクトルを変えてみます。


◯◯させられているじゃなくて

◯◯する、に。


「受動態」の世界から

「能動態」の世界へ言葉を書き換えてみる。


世の中や他人をコントロールすることに能動的になるんじゃないんだよ。

この流れのまま
「自分はどうするか」

あくまでも、自分の行動に対して能動的になってみる。

流れるプールの中で、
自分が浮きたい方法で浮いたり泳いだりするイメージを持ってみてほしい。

流れに逆らうのではなくて
流れと一体になるイメージ。

流れる方向は変えずに
流れる時の姿勢を考えるイメージ。

なんにもしない~を能動的にしたっていい

自らの意思で、やりたいようにやってみてほしい。


会社を休んでもいい。
ゆっくり寝てもいい。
ゴロゴロしてもいい。
スイーツを食べてもいい。
ボーっと音楽を聴いていてもいい。


「◯◯しなくちゃ!」ではなくて

「これをやろう!」と決めて、やってみるの。


不安や疲れが、行動によるものだったら休んだらいい。
休み過ぎな自分に嫌気がさしているならば、そろそろ行動したらいい。

何をするかは、
あなたが決めていいんだよ。

時計なんか見ずに
没頭しながら過ごそう♪

心に余裕が出てきたら、まわりに目を向けてみる

自分の心がやりたいことをやって満たされたら、
ちょっとまわりを見てみるのもおもしろい。

家の中だけで、十分楽しめることはあるから。

観察してみると
自分が考えていることがそのまま部屋に出ていることが分かる。
家族の考えていることだって、そのまま部屋に現れている。

ここ数日使ったモノで、誰が何をしていたかもわかるんだ。


だから、家にいる時間が長い時には、相手に興味を持ついい機会かもしれない。


スタートは、家族に共感しようなんて思わなくてもよくて

ただ、観察することを楽しめたらそれでいい。

「へぇ~、そんなところに置くんだ」
「へぇ~、この本読んでるんだ」
「へぇ~、こんなものに興味あるのか」

口に出さなくてもいい。
意識のベクトルを、不平・不満ではなくて観察に変えるだけでいい。

人に興味を持つってことは
誰かを変えようとすることじゃないんだね。

「あ~そうなんだ~」ってただ観察することは
コミュニケーションのスタート地点なんだと思う。

まとめ

私たちは、受動態の世界に住んでいる時
不安になり、疲れやすい。

◯◯してもらえるという、依存的な発想から
◯◯する!の主体的な発想へ。

主体的に行動している時は、負の部分にフォーカスが当たらないから、
気がつくと不安や疲れのない時間を生きていることに気づくはず。

その感覚を味わいながら
一緒に持続させていこう。


p.s. 
写真は娘の作った「やりたいことリスト」

◯◯したい!には、
こんなにも種類があるんだね♪

やろう、やろう、ひとつずつ。
ゆっくりでもいいから、ひとつずつ。





お読みいただきありがとうございます。

今日もかけがえのないジブンスキーライフを!


自分を勇気づける生活を、無料メール講座でスタートしよう♪
今すぐクリック⇩

丸山郁美

勇気づけのお片づけ🄬提唱者。自分らしく素直に生きたい方へ、「勇気づけのお片づけ」で、私も家族も心地いい自然体で調和のとれた家庭の作り方を伝えています。

プロフィール

関連記事一覧