• HOME
  • プロフィール

プロフィール

ジブンスキーライフ代表
丸山 郁美(まるやまいくみ)

「勇気づけのお片づけⓇ」提唱者。

1979年2月生まれ 魚座
長野県出身 東京都中野区在住
家族は夫と娘2人

大学卒業後、ホテル業界に就職。ホテルマンとして接客の他、広報、人事、秘書と幅広い業務を担当。

結婚後、妊娠と同時に退職。
育児が始まり片づけに苦戦した経験から、アドラー心理学を使ってお片づけを実践する「勇気づけのお片づけⓇ」を考案。
2012年4月、毎日笑顔でいられる気持ちよさと、勇気づけ空間で暮らす楽しさを伝えるため、「勇気づけホームオーガナイザー」として片づけに関する活動を開始。

カウンセリング・お片づけサポートでは、お客様ひとりひとりの価値観を基準にした、常識にとらわれない個々の生活に沿った定位置の提案と、工夫しすぎないシンプルな収納方法が好評。
講演・セミナーでは、「自分にもできそう!」「自分を肯定してあげられた!」「心が軽くなりました!」と片づけに悩む人々に勇気と自信を届けている。

その他、地域の防災リーダー、こども園の評議員、キッチンショールームの監修、小学校での片づけ教育サポート等、広く「あなたらしい家庭づくり」のサポートをしている。

『レタスクラブ』『クロワッサン』『ゆほびか』『CHANTO』『PHPくらしラク~る』『日経WOMAN』『サンキュ!』等、雑誌掲載多数。

 

片づけのプロになるまで

第一子妊娠で退職後、自分らしく何かをしたい・・と、自分に合う活動を求めてウロウロしながら7年間専業主婦をしていました。

今は笑顔が印象に残る(らしい)私ですが、かつては、超、超イライラママ。

特に第二子出産を境に、イライラ頻度が増えました。
子どもの世話に追われて、自分の思い描いたリズムで家事ができず、部屋は散らかり、散らかっているモノを見てイライラ。
思うように片づけられない自分に対して、またイライラ。
片づけを手伝ってくれない家族に対して、またまたイライラ。

途中、部屋が散らかっていると心が揺れやすいことに気づいた私は「片づいている状態は、いい部屋だ」とばかりに、モノを捨て、モノを減らしはじめました。

夫には、「ちょっとー、この服もう来てないでしょ!捨てなよ!」「この靴、いつ履くの!?」と攻め立て
子どもの作品やおもちゃは声もかけずに、「まだ分からないだろうし…」とポイっポイっ。

ようやく部屋にあるモノが少なくなり、私一人でも頑張れば片づくようになってきたはずが、、、

頑張って片づけている部屋を平気で散らかす子どもと夫に、またイライラ。
どうして私だけが片づけしなくちゃいけないのよ!と、さらにイライラ。

部屋が片づくようになっても、結局イライラがとれなかったのです。

ここで私は気づきます。

モノを少なくしても、片づけのノウハウを身につけても、それだけでは円満な家庭は築けない、と。

家が整っても感情が大揺れするふがいなさに落ち込む日々が続き、気づけばまわりの人の優しささえ疑い、自分のことが信じられなくなっていた・・・。

私が求めている暮らしはこんなものじゃない!
本当は、笑顔でもっと育児を楽しみたいのに!

イライラママを卒業しよう!と決意したのは、忘れもしない、2008年9月のことです。

翌月、余命宣告をされていた義母が逝去しました。
命に限りがあることを義母から改めて教えてもらい、「自分を活かし生きるには?」をより強く考えることになったのです。

どこかにこのイライラを解消するヒントはないだろうか・・
そう求めていた時に思い出したのが妊婦の頃に、当時保育士であった母から教えてもらった「アドラー心理学」。

すっかりアドラー心理学とはどんなものか忘れていた私は、図書館で本を借りて読みあさるように。
驚くほど両親の生き方や私たちきょうだいが育った方法と似ていたので、両親を真似て勇気づけのコミュニケーションを家庭に取り入れてみることにしたのです。

それからは、家族みんなで片づけや家事ができるように家族目線でモノを再配置。家族で助け合って暮らせるように自分の気持ちに向き合い、行動し続けました。

片づいている部屋が必ずしもいいとは限らない。
片づけてもいい。片づけなくてもいい。
自分はどちらも選べる!と前提を変え、「快」の気持ちを選び続ける練習を続けたのです。

すると、モノは「片づけなければいけないもの」ではなく、「お互いの共感のツール」に変化。
勇気づけのコツを家庭に取り入れ2か月経った頃から、感情の波はじょじょに穏やかになりはじめ、気付けば部屋が短時間で整うようになり、子育てのイライラが激減。
娘たちも自分ひとりでモノを管理してくれるようになり、片づけだけでなく生活全てが自立に向け変化。
2年経つ頃には、すっかり私に怯えて暮らしていた主人も快く家事を手伝ってくれるようになりました。

ひとりでがんばらくてもすっきりキレイな部屋を保てるようになってくると、遊びにきたママ友から「すっきりしてるー」「解放感がある~」「暮らしやすそう!」と言われることが多くなりはじめました。

「この家は気持ちがいい♪」というママ友たちの声がヒントとなり、数年にわたって自分が片づけに取り組んできたことを自覚したのが2011年夏。
「ようやく、家族で取り組む片づけができるようになってきたのかも!」「勇気づけのお片づけっておもしろいかも!」「どんな世代でも、アドラー心理学を暮らしで実践するには片づけが使いやすい!」と思い立ち、片づけのプロになるべくJAPO(日本プロフェッショナル・オーガナイザー協会)で学び仕事をスタートしました。

私は、断捨離もこんまり流の片づけもない時代に、自分の「快」「不快」の感情を頼りに片づけができました。
家庭を円滑に運営するためには、凝った収納などの余分な片づけノウハウはいらないと考えます。

きれいな部屋がキープできるようになって一番よかったことは、部屋の状態を理由に感情が揺れなくなったことです。
散らかってもいいし、きれいでもいい。きれいにしたい時にパッと片づき、散らかっても自分を責めることがない。
ようやく、片づけと自然体で向き合うことができるようになり、整理収納の悩みから解放されたのです!!

「勇気づけのお片づけ」に必要なのは、アドラー心理学をベースにしたマインドと、自分自身と家族への勇気づけのコミュニケーション。
ひとりでも多くの方が、整理収納の悩みから解放されてその人らしさ全開で生きられるように、「片づけ」という側面からあなたの暮らしを応援していきます。

 

所属団体・資格・受講履歴

日本アドラー心理学会 会員
クリナップ練馬ショールーム 収納監修
埼玉県羽生市 とねの会こども園 評議員
JAPO(日本プロフェッショナルオーガナイザー協会)認定ホームオーガナイザー


※JAPOは、アメリカの整理収納ビジネス 「プロフェッショナル・オーガナイジング」の手法を参考に、 独自の「お片づけのプロ」養成プログラムを開発。

※「オーガナイズ」とは、 ・住居、生活、仕事、人生等あらゆるコト&モノを 効果的に準備・計画・整理し整えること ・先のことや全体を考え、無理なくうまく進めていくこと。

整理収納アドバイザー1級

ルームスタイリスト(模様替え資格)1級

勇気づけコミュニケーション講座ELM修了
子どもの潜在能力を引き出す心理学講座SHINE修了
ELMリーダー養成講座修了
愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE修了
アドラー心理学ベーシックコース修了
アドラー心理学カウンセラー養成講座修了

アドラー心理学基礎講座(理論編)修了
アドラー心理学子育て講座「パセージ」修了
◯ 防災士資格取得
◯ 救命技能講習修了
◯ 中野区防災リーダー

◯2013年10月、サンケイリビング新聞社が行うSHUFU-1(主婦腕)グランプリで、準グランプリを獲得

◯2016年11月、「勇気づけのお片づけ」と「ジブスキ」を商標登録