「片づけができない」のではなく、6ステップのどこかでつまづいているだけかも

片づけの前に考えること

自分らしさを愛するあなたへ

 はじめましての方へ
 ⇩
 プロフィールはこちら

先日、美容院で片づけトークをして帰ってきました。

担当の美容師さんは、旦那様が数年前に他界されてシングルマザー。
美容師しながら、旦那様の事業を継いで経営されているという、かなりお忙しい方。

「うちは散らかっているのよー」
「私、片づけできなくてさっ」
と毎度おっしゃるので、ちょっとお話をうかがってみました。

よくよく話を聞いてみると、整理する時にはバッと捨てられるし、掃除は好きとのこと。
しかも、整理は3か月に一度くらいの頻度でやっているらしい。

いや~お忙しいのに!行動していらっしゃる!

自分が片づけしよう!と思った時に片づけられるのであれば、「片づけができない人」ではないですよね。

「何かの習慣が片づかない状況を作っている人」です。

だから、あなたをつまづかせているポイントさえ分かれば、問題は解決します。

あなたはどのステップでつまづいている?

きれいな部屋をキープするためには、6つのステップをくるくるまわす必要があります。

片づけと聞くと、どうしても捨てるイメージが先行しますが
暮らしをまわすためには捨てるだけでは足りないし、モノを定位置に戻すだけでもないのです。

一度捨てたらそれでいい、なんて発想はそもそも違います。

片づけは、一生死ぬまで続きますから。。。

暮らしをまるっと快適にまわすために、6つステップがあると理解してください。
このどこかで詰まっていると、部屋が乱れがちになります。

 

普通に社会生活ができている方は、たいがいどこか一部のステップの克服で、片づいた状態がキープできるようになります。

1.イメージする
2.整理する(捨てるはこのステップの一部です)
3.収納する
4.片づける
5.掃除する
6.見直す

あなたはどうですか?

得意なステップ、苦手なステップはありますか?

あなたがつまづいているのは、片づけの工程すべてではなくて、6つのステップのうちのたったひとつかもしれないのです。

つまづいているステップが分かれば、行動できる

あっ、美容師さんの話に戻りますね。

捨てられるし、掃除もしている方なのに部屋が散らかるということは

ステップ3の「収納」あたりでつまづいていそうだな~と思った私は、質問してみました。

「もしかして、収納グッズ買わないようにしてませんか?」と。

そしたら、ドンピシャ。
家にモノを増やしたくないために、収納グッズは極力買わないようにしていたそうです。

収納グッズは、その家に合ったバランスがどうしても必要で

グッズは、頼りすぎたり買い過ぎたら邪魔になり
足りなすぎたら、片づきません。

どうやら、収納グッズさえあれば問題は解決しそうだと目途がつきました!

美容師さんは「私、自分が片づけできない人間だとばかり思ってたわー」と、口あんぐりしていました。

<私は片づけができない>

という、ひとくくりの自己イメージを抱いていたら、そりゃー片づけも嫌になります。

だって苦手なものに、毎日向き合わなければいけないんですもの…。逃げたくなりますよ。

美容師さんは、私と話していて気づいたそうです。

整理するの嫌いじゃなかった!掃除するの嫌いじゃなかった!
収納グッズを買わないのも、モノを増やしたくないというポジティブな目的があったんだ~!と。

苦手な行動だと思っていたものが、実は嫌いじゃない部分もあった!と気づくと、もう思考は180度変わっています。

「今のままでうまくいっていないなら、じゃぁ、どの部分をどうすればいいの?」と、今ここからを考えられるようになるんですね♪

早速、クローゼットを便利に使うために、どんな収納グッズが必要なのかをレクチャーしました。

まとめ

人は具体的な行動が分かると、あっという間に身体が動いて理想の状態を作ります。

美容師さんは
「よし、決めたよ丸山さん。週末買いに行くわ!」
と最後に言いながら、私を送り出してくださいました。

きっと、もうクローゼットは片づいているでしょう。

いい表情されてたな~。

いろんな話をしながら、目の前の方の目がキラキラ変化していく様子を見るのが、私は好きです♪

あなたも、自分へ「片づけができない人」とレッテルを貼るのではなくて
「じゃぁ、どうすればいいのかな?」と考えてみてくださいね。

分かりにくければ、お気軽にご相談ください。





お読みいただきありがとうございます。

今日もかけがえのないジブンスキーライフを!


自分を勇気づける生活を、無料メール講座でスタートしよう♪
今すぐクリック⇩

丸山郁美

勇気づけのお片づけ🄬提唱者。お子さまが10歳までに暮らしの基本を身につけられるように、親も子どもも心地よく暮らす対等な家庭の作り方を伝えています。

プロフィール

関連記事一覧