こじるりも受けた、美容鍼+小顔矯正を初体験!

考えたこと

自分らしさを愛するあなたへ

 はじめましての方へ
 ⇩
 プロフィールはこちら

ポコッと1日空いたので、以前から気になっていた「美容鍼」を体験してきました!

地元の商店街の整骨院へ、いざ。

普段から、マッサージなどは自宅で自分でやる程度の人間なので、そもそも整骨院に入る時点でドキドキ。

美容鍼が気になったのは、こじるりの看板が出ていたから・・というなんとも不順な動機なのですが
日々パソコンやスマホを見ている時間が長くて、目が疲れたり、クマがいつもあるような顏をしていて肌の状態は気になっていました。

どうなるんだろうなぁ?という興味本位の体験。

やりたいから、やってみた的な(笑)

触れてあげるだけで身体はよろこぶ

カルテで丁寧な質問に答えた後
カウンセリングをしながら、首の可動範囲を見てもらい、
左右の可動域の差に、自分で驚いたり

マッサージしてもらいながら、日常生活では押されないような場所の痛みに耐えてみたり。

「あぁ~こうやって身体も本当は、いろいろ細かい部分を気にしてほしかったんだなー」なんて思いました。


お部屋も同じですよね。

自分の目で見たり、掃除をしながら壁や家具を触ってあげている家は、家が喜ぶので場が生き生きしています。
けれど、いつも下ばかりを見ていて、天井を見上げていないと蜘蛛の巣があったり、ホコリがつきやすくなったりするんです。

「見るだけ掃除」
だけでも、隅々まで見ないより家はきれいに保たれます。

気を配る、気にかける。

この「気」が届くのでしょうね。

いよいよ鍼、刺します

さて、首まわりをほぐしてもらった後に、いよいよ鍼の出番。

途中経過はこんな感じ。


鍼が刺さる時に、チクッとした痛みはありますが、「いたっ」とも言わなくて済むレベル。
それより、鍼が奥に入る時に、筋肉が圧迫されたような感覚がありました。これも圧迫であって、痛みはなかったです。

全ての鍼が刺さった後は、電流を流して筋肉運動。

ウエストや太ももを電気の力で動かすEMSの、お顔バージョンといった感じ。

ピクピク、動きます。

筋肉運動が終わったら、鍼を抜いて、小顔矯正。
いやぁ~~~~こっちは痛かった!笑

頭蓋骨やら顏の骨格やら、自分じゃあそこまで力を入れられないですもの。

美容鍼、ビフォーアフター

ビフォーアフター画像はこちら。


あれ?私ってこんな顏してるっけ?というのが正直な感想。

変わりましたかね?



身体に関しては、健康体であるがゆえに後回しにしがちなので、今回は本当にいい体験になりました!

今回は、美容鍼で自分をよろこばせてみたよー編でした!

あなたは、何で自分をよろこばせますか?
「やりたい!」と思ったことは、やってみると楽しいかも♪





お読みいただきありがとうございます。

今日もかけがえのないジブンスキーライフを!


自分を勇気づける生活を、無料メール講座でスタートしよう♪
今すぐクリック⇩

丸山郁美

勇気づけのお片づけ🄬提唱者。お子さまが10歳までに暮らしの基本を身につけられるように、親も子どもも心地よく暮らす対等な家庭の作り方を伝えています。

プロフィール

関連記事一覧